ろくでなしと俺のあらすじと結末のネタバレ感想


サイト内で「ろくでなしと俺」と検索
↓ ↓ ↓
こちらで無料の試し読みができますよ

偶然?の出会いを果たす、北方と美里。朝、北方宅。テキパキと家事をこなす北方。そして、ベッドの上では裸の美里が眠りこけている。

呆れる北方は美里を起こし朝食を食べさせる。

「美里、この状況に疑問はないワケ?」
「なにが?」
「ここはどこかとか、なぜここで寝てたのかとか、十五年近く会ってなかった俺と二人で朝飯を食ってるのかとか」
「・・・なんで俺ここにいんの?」
「十五年ぶりに会ったお前が俺の目の前で酔いつぶれたからからだー!!」
「お前まさか、昨日の事何一つ覚えてねぇとか・・・」
「まさかぁ、飲み屋で無銭飲食がばれて叩き出されたことは覚えてるよ」

そして、ヒモをしていた彼女に叩き出されたことを告げる美里だった。そして、2、3日でいいから泊めてくれと懇願する美里に・・・

ろくでなしと俺のネタバレ感想

むう・・・、美里のろくでなし加減にはあきれるけど、この底抜けの明るさだけは憎めないな。そして、北方は美里をどうするのか?二人の関係はどう発展して行くのか・・・続きは以下リンクからどうぞ!

サイト内で「ろくでなしと俺」と検索
↓ ↓ ↓
こちらで無料の試し読みができますよ

うちの兄の恋愛事情のあらすじと結末のネタバレ感想


サイト内で「うちの兄の恋愛事情」と検索
↓ ↓ ↓
こちらで無料の試し読みができますよ

海を眺めながら涙を流す撤央。そこへ弟のが声をかける弟の瞳真。

「母さんが帰って来いって」
「・・・わかった」

泣いていることを隠す撤央。帰りに道、瞳真は撤央の手をつなぐ。

「人に見られたら変に思われるぞ」
「言う方が変だろ」

帰宅すると母が帰りが遅いとカンカンに怒っている。早く風呂に入れと二人を急かす。

蘭家の風呂は広い。二人でも余裕で入れてしまう広さだ。父親が兄弟が多くても入れるようにと広くしたのだった。

「母さんも、高校生と大学生の兄弟が風呂に入るのが変だって、そろそろ気付かないのかな・・・」
「親にとってはいつまでたっても子供だってゆーし、きっと俺がこの家に来た頃と同じ感覚なんだろ」

そう、実は瞳真は蘭家の実子ではない。6歳の時に交通事故で両親を亡くし、この家に引き取られたのだ。

それから12年、当たり前のようにてつ兄の隣に居て、口数の少ない兄を理解しようと、自然と視線の先を追うようになっていた。

そんなある日、気付いた。てつ兄が学校の先生を好きだってことに。でも、相手は指輪もしているし、なにより男だ。

同性愛に偏見はなかったけど、なぜか応援できなかった・・・。その人と一緒にいるてつ兄は、知らない人みたいだった・・・

うちの兄の恋愛事情のネタバレ感想

てつ兄を大切に思う瞳真のピュアな感じがたまらないですね。さて、ここからてつ兄と瞳真の関係はどう発展して行くのか?その先には何が待っているのか?

続きは以下のリンクから読めますよ!

サイト内で「うちの兄の恋愛事情」と検索
↓ ↓ ↓
こちらで無料の試し読みができますよ

セカンド・マザー〜ひかるの場合〜のあらすじと結末のネタバレ感想


サイト内で「セカンド・マザー〜ひかるの場合〜」と検索
↓ ↓ ↓
こちらで無料の試し読みができますよ

無邪気に横断歩道を渡ろうとする子供。
「ダメよコーちゃん!」
道路をトラックが走ってくる。
「こっち来ちゃダメ!」
大きなブレーキ音が鳴り響く…
「きゃあああああー」

ベッドで目を覚ます西田仁美。目には涙があふれている。隣には旦那の圭吾が眠っている。悲しみに暮れる仁美。

市役所で用事を済ませる仁美。ふと養護施設の子供と過ごせるボランティアの案内ポスターが目に留まる。

その晩の食卓。養護施設のボランティアのことを圭吾に話す。

「参加資格は夫婦でなの。ねえ圭吾、一緒にどうかしら?」
「そんなことして大丈夫なの?」
「もう10年だもの。私たちのコーちゃんはいないけど、子供と触れ合える機会が持てるならと思って・・・」
「そうか、仁美は望むなら協力する」

養護施設ひかりの園。「本日はお集まりいただきありがとうございます。園長の渡部です。今日1日、子供たちと楽しく過ごしてくださいね」

子供たちに本を読んでとせがまれる仁美。小さくて、柔らかくて、温かい子供たちの手の感触・・・久しぶりの子供たちの感覚に喜びを感じる。

ふと、部屋の隅っこでひとり座っている子供に気付く。コーちゃんにに似ている。思わずはっとする仁美だったが、すぐに我に返る。

「今日は1日ありがとうございました。子供達には楽しい1日となりました」

そして、園長に呼び止められる仁美たち。そして「お子さんのいないご夫婦が里子を求めて参加なさることも多いんですよ」とのこと。

里子・・・そんなことは考えもしていなかった瞳は、「うちは子供が好きなのと、少しでも役に立てばと・・・」と言葉を返した。

「また行こうよ」という圭吾の言葉に、「またあの子に会える、コーちゃんと似たあの子に」と喜びを感じる仁美だった。

その日のボランティアはハイキング。元気に遊ぶ子供たち。やはり、ひかり君はひとり座っている。声をかける仁美。ひかる君の肩に手を触れたその時…

「ああああああー!」

と叫び、仁美の手をひっかいたのだった。突然のことに驚き動揺する。すぐさま園長が駆けつけ「ひかる君はわけあって、他人との接触を異常に怖がるんですよ・・・」と説明を受ける。

仁美はショックだった。誰かに、ましてや子供に全身全霊で拒まれるなんて・・・。園長に訳を聞こうとするが、プライバシーにかかわる事なので、里子希望の方のみお知らせしているとのことだった。

後日、仁美はひかる君に驚かしてしまったことを謝った。そして、学生時代は合唱部だったと歌をうたってあげるのだった。

歌いながら感情的になり、つい涙ぐんでしまった仁美。その姿を横目で見るひかる。仁美は始めて自分の方を向いてくれたことに喜びを隠せなかった。

ボランティアの帰り、圭吾たいは里親申請を行う決意をする。

しかし、里親申請しても時間がかかったりして途中で断念するケースも多いこと、また急きょ委託する場合があることなど、園長からは覚悟が必要であることを確認される。しかし、二人の意思は固く申請は登録されたのだった。

それから3ヵ月。委託が決まったとの連絡が入る。しかし、その子は虐待を受けてきた子であることを知らせれたが、仁美たちは受け入れるのだった。

そして、その虐待を受けていた子とは、ひかる君だったのだ…

セカンド・マザー〜ひかるの場合〜のネタバレ感想

これから先、相当な苦労が待ち構えているんだろうな・・・って想像がつきますが、仁美も圭吾もひかる君と共に成長していきます。

正直、我が子でも殴ってやろうかと日々思ってしまう私なので、こんな決意はできっこない。

サイト内で「セカンド・マザー〜ひかるの場合〜」と検索
↓ ↓ ↓
こちらで無料の試し読みができますよ

顔を見るなのあらすじと結末のネタバレ感想


サイト内で「顔を見るな」と検索
↓ ↓ ↓
こちらで無料の試し読みができますよ

中古車を物色する主人公。そこに、ニューモデルのめちゃくちゃ安い中古車を見つける。

「これは事故車か何かでは…」と疑ってしまうほどの価格。しかし、ディーラーさんは「修理の跡なんてありませんよ!」と自信満々。

試乗していると「!?」、リアガラスから見知らぬ女の子が覗いているのが見える。車を降りて確認するが、少女の姿はない。

向こうにディーラーと交渉している家族がいたので、そこの子供だったのかな…と納得。早く契約しないと取られてしまうと契約を急いだ。

契約手続きの際、清酒を飲まされる。これは何かと質問すると「うちの伝統で、商談前にお客さんに召し上がっていただくんです」とのこと。そう言うことならとグイッと飲み干した。

その日のうちに手付をうって帰った。あまりにラッキーな買い物が嬉しくて、その日は全然寝付けなかった。

納車の後、友人たちとドライブに出かけた。夜になり、後部座席ではしゃいでいたみんなが寝静まる。

その時、バタバタと足をばたつかせる音が聞こえてきた。「うるせーぞ!」と言うと、しーんとする。またしばらくすると、再びバタバタと音がしてきた。

「やめろ、なにやってんだ!」と振り向くと…みんな寝静まってしーんとしている。あっ!と前を見ると危く自動車事故を起こしそうになった。

その時はまだ、誰かの悪ふざけか寝ぼけなのかと思っていた。

しかし、その後も同じようなことが何度も起こった。時に1人で運転中も、後ろからバタバタと音がするのだ。まるで、小さな子がはしゃぐような。振り返ると誰もおらず音も止まる。

ところがある夜、バックミラーに少女が映ったのだ。そして、ゆっくりと、こちらを振り向こうとしている。恐怖のあまり車外へと逃げ出し安売りの理由を悟ったのだった。

次の日、話を聞いた友人にお祓いをするという坊さんを呼んでくれた。坊さんが念入りに車内を観察する。おもむろに座席のカバーを剥がすと

おかあさんごめんさい。そとにだして。でたい。おかあさんごめんさい。そとにだして。…

びっしりと子供の字で埋め尽くされていた。坊さんは「この車は手放しなさい!危険なことになる前に!」と鬼気迫る顔で言うのだった…

顔を見るなのネタバレ感想

私もつい先月、中古車を買ったばかりなので、この話はちょっと怖い…。まあ、平均的な値段だったので、大丈夫かとは思いますけど。

この漫画では「安すぎる車の本当の理由」の他、「引っ越し先の和室に潜むおばあさん幽霊の謎」「蠢くゴミ袋の秘密」「公園のトイレで起こる奇妙」「「見えて」しまう男の誤差」など、ゾッとしてしまうようなホラー作品集となっていますよ。

サイト内で「顔を見るな」と検索
↓ ↓ ↓
こちらで無料の試し読みができますよ

緋い初夜〜家畜同然に売られた女の復讐〜のあらすじと結末のネタバレ感想


↓ ↓ ↓
こちらで無料の試し読みができますよ
サイト内で「緋い初夜〜家畜同然に売られた女の復讐〜」と検索

キャラバンの隊長を相手にする娼婦が、ある一人の娼婦の話を始める。

ラジアは族長の娘。ある日、先祖が命を懸けて切り開いた旅道を奪うためにふたご山の一族が夜襲を仕掛けてきた。

首を取られた族長。ふたご山の連中は「古えの作法に従って、和解の契りを交わすべきだろう」と族長の娘であるラジアを娘として差し出すように言い放つ。

兄であるサーディクは決断を迫られ、一族を守るためにラジアを犠牲に差し出すのだった…敵の性奴隷となったラジアの運命は…そして、謎の娼婦との関係は!?

緋い初夜〜家畜同然に売られた女の復讐〜の結末のネタバレ感想

男たちによる女性への屈辱と理不尽なしきたり…女性を性の奴隷としか見ていないんですよね。実際、こういった話を耳にしたことがあります。

ものすごい不細工でコンプレックスまみれの男が決めたしきたりなんでしょうね。そのおかげで、どれだけの女性がこんな理不尽なルールの中で汚されて惨めに死んでいったことか。

漫画のお話なんですが、一女性としてガチで腹が立ちました。この先のラジアがどう生きたのか、その目で見届けてやってください。

こちらで無料の試し読みができますよ
サイト内で「緋い初夜〜家畜同然に売られた女の復讐〜」と検索

当サイトへようこそ!
ネットで購入した通販商品を紹介するブログです!
更新情報
カテゴリー
Copyright (C) ネットで購入!通販ブログ. All Rights Reserved.